PRODUCT LINEUP製品情報

セラミックボディとロジウムコーティングされたクリップを採用したクリッピーC。
ナチュラルな白さを口元にもたらす、審美性を重視したセラミックセルフライゲーションブラケットです。

医療機器認証番号
218ADBZX00023000

クリッピーの特性

ストレートワイヤーテクニックの治療結果を評価する基準として、Dr.アンドリュースの「シックス キー」つまり6つの鍵が提唱されています。その6つの鍵を達成する方法として、スペーシング、アンギュレーション、インクリネーション、ローテーションコントロールなどの調整にある程度の力を加えることが必要とされています。
それを可能にしたセルフライゲーティングブラケットがクリッピーです。
ワイヤーを交換することにより、治療初期から後期まで、必要に応じた矯正力・コントロールを選択することが可能で、従来の結紮作業を伴った治療効果と同様な結果を得ることができます。

より美しい歯列矯正の実現へ

クリッピーには、ナチュラルな白さが際立つセラミックブラケット、小さくてすっきりした印象のメタルブラケット、リンガルブラケットなど、様々なご要望に対応しています。

歯牙移動を柔軟にコントロール

クリッピーの大きな特長は、治療の各段階に合わせて、適切なワイヤーやブラケットの固定度合いを選べることです。歯牙移動を柔軟にコントロールして、より短い時間で治療効果を上げるとともに、患者さんの負担も軽減します。

ワイヤー交換も簡単でスムーズ!

開閉が容易なクリップを採用したことにより、ワイヤー交換が簡単でスムーズに行えます。また、リガチャーワイヤーやモジュールなどを用いずに結紮できるので、オーラルハイジーンのケアが行いやすいことと、医療廃棄物を減らすことができるのもメリットです。

充実したメカニズム

ボンディング材を選ばないメカニカルロックベース、正面とジンジバル方向から開閉ができるロジウムコーティング* された開閉クリップなど、トミーテクロノジーを駆使したメカニズムを採用しています。
*クリッピーCに採用

ロジウムコーティングされたクリップは、審美性を高めます。また治療期間を通じてブラッシングで剥がれたり、食物色素で着色することがありません。耐久性にすぐれたコーティングです。そしてこの独自のクリップ形状は、ブラケット正面からの開閉を可能にし、ワイヤー交換が容易に行えます。

メカニカルロックベース

リベットロック(Rivet-Lock)のベースは、ボンディング材を選ばずにご使用いただけます。

CIM(Ceramic Injection Molding)製法によって、ブラケットの表面は滑らかにかつ精密に製造されています。また、HIP(高温高圧処理)の採用により、ブラケットの強度及び透光性を高めました。


3つのステージ

クリッピーは、ワイヤーとブラケットの固定度合いにより「パッシブ」「インタラクティブ」「アクティブ」の3つのステージに分類されます。治療初期から後期まで、それぞれの段階に応じたステージを選ぶことで、適切な治療を行うことができます。

パッシブステージ

ラウンドワイヤーが自由にスライドし、ワイヤーの特性を充分に発揮することができます。弱い矯正力で歯牙のレベリングやアライメントが可能です。

インタラクティブステージ

スクエアワイヤーがクリップに触れることなくスロット内に収まるため、ある程度のトルク及びローテーションコントロールが可能です。スムーズに歯牙移動を行うことができます。前歯のリトラクションには適切なステージです。

アクティブステージ

レクタンギュラーワイヤーが完全にクリップで固定されるため、充分なアクティブコントロールが可能です。ブラケットのプリスクリプションが発揮されます。